ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。年齢制限ギリギリのワーホリで「ギリホリ」ちゃん。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!(2018年3月22日渡英)

セブンシスターズの「あの風景」への行き方

イギリス国内でも屈指の景勝地であるSeven Sisters

そしてBeachy Headもね。

わたしは3か月のイーストボーン生活中に数回遊びに行きました。


先日、日本からお友達が来たので再びセブンシスターズへ!

前回はイーストボーン側からの観賞だったので、今回はブライトン側からも見てみたいっ!

 f:id:kozuenjoy:20180831002401j:image

こう見ると圧倒的にイーストボーンから行く方が近い。

 

ガイドブックに載っているセブンシスターズの写真はほとんどがブライトン側(細かくに言うとシーフォード側)から撮った写真。

今回のブログのタイトルに入れた「あの風景」とはこの風景↓↓ 

f:id:kozuenjoy:20180825012601j:plain

windows7の内蔵壁紙のひとつになっていることもあって、よく見るセブンシスターズはこの角度なのではないでしょうか。

(画像は引用してきてます)

 

====================

と、いうわけで行ってみましょう!今回はバスでの行き方をご紹介。

EastbourneからでもBrightonからでも行けます。

ロンドンから目指す場合はまずどちらかの街に行くのが分かりやすいかと。

 

どちらの街からでもいいのでバスに乗ります。(イーストボーンからだったらブライトン方面、ブライトンからだったらイーストボーン方面へ)

番号はCoasterの「12」「12A」「12X」のどれでもOK!

(「13」でも行けるはずですが、ちょっと自信ありません)

 

チケットはバスの運転手さんから買います。往復で買った方がちょっと安い。

もしくはそれぞれの街の観光インフォメーションセンターでバス乗り放題チケットも売っているのでそれ買ってもいいかもしれませんね。

 

 

バスで目指すのはこちら↓の地図の左側の赤丸。「Cuckmere Inn」のバス停。

f:id:kozuenjoy:20180825021301j:image

ちなみに右側は「Seven Sisters Park Centre」で、ここからももちろんセブンシスターズに行けます。

観光センターがあってお土産買えたり、カフェがあったりします。

車で来るだいたいの人はここの駐車場に止めることになります。

 

 

この2つのバス停間は徒歩10分くらい。

右側のパークセンターから歩いた方がセブンシスターズの崖に近いところに行けます。

詳細は後程。

 

今回は「あの風景」への辿り着き方なので、まず「Cuckmere Inn(カックミアイン)」を目指します。

 

素敵なイン(パブ)なのでここで腹ごしらえしてから向かってもいいかも。

インの前に駐車場があるので、その駐車場を奥に(インを正面に見て左側)進んでいきます。

さりげなーく木製のドアがあるのでそれを開けて、ぐんぐん奥に進んでいきます。

f:id:kozuenjoy:20180825012335p:plain

(※赤で囲ったのドアじゃなくて柵で、その右横の方がドアだったかもしれない…行ったら確認してみてください…!)

 

ドアを開くとこんな小道がずっと続きます。

f:id:kozuenjoy:20180825012355p:plain

 

広がる大自然。

f:id:kozuenjoy:20180825022244j:image

このあたりは全部国立公園でなんもないのがいいところ。

セブンシスターズの崖だけじゃなくってこの大草原のトレイルも気持ちよくって好き。

 

牛もいるし、

f:id:kozuenjoy:20180825022259j:image

 

ヒツジもいるよ。

f:id:kozuenjoy:20180825022313j:image

 

 

とにかく真っ直ぐ進んだら到着します!

わたしたちは迷わなかったけど、どうやら分岐もあったとかなかったとか?

分岐があっても看板が立っているので「Coastguard Cottages」(=「あの風景」)を目指してとにかく進むっ!

インの駐車場のドアから歩いて30分ほどで到着しましたーーー!「あの風景」!!

f:id:kozuenjoy:20180825022327j:image

朝は晴れてたんだけど昼過ぎからちょっぴり曇っちゃったので白が多い写真が撮れました笑。

 

このコーストガードコテージ、戦争中は侵略を防いだり、対密輸組織のために置かれた場所だそうです。

今は歴史的な意味と景観的な意味で大事に保護されているみたい。


 

 なんでこっちサイドからの写真がセブンシスターズ定番写真として使われるのかというと…(勝手に推測してみる)

イーストボーン側から見る風景はこんな感じ。

f:id:kozuenjoy:20180903063952p:plain

セブンシスターズの崖を横位置から並行に見ているような感じ。

(ちなみに今回8月中旬に行った時は落石の関係で海岸まで降りられませんでした。4月に行った時は降りられたんだけど。)

 

 

コーストガードコテージ側がちょっぴり海側に突き出しているので、セブンシスターズ全体を見やすいってことなんですね。たぶん。

f:id:kozuenjoy:20180825021323j:image

(丸で囲ってあるのがセブンシスターズ。先ほどのイーストボーン側からの写真を撮ったのがバーリングギャップ)

 

 

全体を見やすい位置までもうちょっと進んでみたのがこのあたり。

f:id:kozuenjoy:20180825022344j:image

 

どうでしょう。どっち側から見るのが好きですか?

「コーストガードコテージ」からの景色、「バーリングギャップ」からの景色を1日で両方見ることも可能です。モデルコースは後日更新予定。

 

====================

このあたり一帯はイギリス内でも人気のトレッキングコースなんですって。

セブンシスターズの崖の上は歩くこともできます。

 

が、今回紹介している「あの風景」ことコーストガードコテージからセブンシスターズの崖に近づくには潮が引いていなければ行けません。たぶん。

f:id:kozuenjoy:20180825021343j:image

地図を見てもらうと分かるように、セブンシスターズの崖の前に広がっているビーチ(カックミアヘブン)の一部が川と海が繋がる部分なので

満潮時にはセブンシスターズの方向に向かって進むことが出来なくなっちゃうはず。

 

 

わたしたちは干潮の時間に行くことが出来たので小さな冒険をして崖の近くまで行きました。

潮の満ち引き時間はこちら(Seven Sisters Tide Times, East Sussex)をご確認あれ。

コーストガードコテージの前を通って、丘を降りて、カックミアヘブンの海岸を目指します。

f:id:kozuenjoy:20180825012421p:plain

 

海岸まで降りてくるとこんな感じ。左側の石ころが見えてるところが満潮時には海の中のはず。

f:id:kozuenjoy:20180825012445p:plain

写真の橋っぽく見えているのはただの柵。

辿り着いた時間はすでに小さな川が出来上がってて行く手を阻んでました。

 

若者たちはこの柵の上を歩いてぴょーんと越えて行ったんだけどわたしたち日本人には足が短くて笑、越えられない部分があって諦め。

靴を脱いで海?川?を歩いて渡りました。

このあたりの海は砂じゃなくて砂利なもんで、天然足つぼロードで罰ゲームのごとく、ひぃひぃ言いながらなんとか渡れましたとさ。

 

前述した「パークセンター」のバス停から向かうとカックミアヘブンの方に出るので、セブンシスターズの崖に近いです。

チョークで出来てる壁は近くで見るとぐっとくる。

f:id:kozuenjoy:20180903063418p:plain

バーリングギャップ側から見た方が白い気がしたけど気のせいかなぁ。

 

 

帰りはSeven Sisters Park Centreのバス停を目指して歩きました。

横に川が見える小道をまっすぐまっすぐ進みます。

f:id:kozuenjoy:20180825012503p:plain

 

わたしたちが歩いたコースはざっくりこんな感じ。

f:id:kozuenjoy:20180831014705j:image

バス停を説明した地図とくっつけて見てもらうとなんとなく全貌が掴めるかなと思います。

 

 

地図でもわかるように川が流れています。

ここをカヌーで行くアクティビティもあるみたい。

Canoe Hire on the Meanders at Seven Sisters

f:id:kozuenjoy:20180903063548p:plain

 

※追記

いつもよくしてくださってるイーストボーン在住の方から、Birlng Gapからセブンシスターズの上を歩いてCuckmereまで行くのもオススメだよと教えてもらいました!

写真ももらったよ!見て!

f:id:kozuenjoy:20180924071449j:plain

f:id:kozuenjoy:20180924071458j:plain

崖の上からみるCuckmere Haven綺麗ですねー!!

 

====================

そんなこんなでセブンシスターズへの行き方でした。

この日は行く前にBeachy Head(ビーチ―ヘッド)も行ってきました。

イーストボーン側からセブンシスターズへ向かう途中にある岬一帯の大自然。

f:id:kozuenjoy:20180825022403j:image

午前中は青空綺麗だったの。真ん中にいるのがお友達。

 

f:id:kozuenjoy:20180903064410p:plain

この断崖絶壁感がたまらねぇっす!

ここも国立公園の一部なんですってよ。ビーチ―ヘッドも大好き。

1日で両方見に行けるモデルコース記事を紹介予定なので是非行ってみてほしいです。

 

 

以上っ!セブンシスターズの「あの風景」への行き方でした。

※ところどころ不確かな情報を盛り込んでしまったので笑、行く際にはバスや道順は改めて確認してから行ってみてくださいね◎てへっ!

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ★ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★