ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。年齢制限ギリギリのワーホリで「ギリホリ」ちゃん。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!(2018年3月22日渡英)

イギリスのクリスマスパーティーにお邪魔!

いやぁ、クリスマスが終わりましたね。

人生で初めて異国で過ごしたクリスマス当日でした。

ハロウィーンはぼやっとしている間に終わってしまいましたので、

反省を生かして?クリスマスはめちゃめちゃ堪能したつもり。

 

 

さてさてわたしが12月25日当日をどう過ごしたか誰にも聞かれていませんが勝手に記します。この駄ブログは生きた証だから!

まず前日24日までブダペストに行ってました◎

f:id:kozuenjoy:20181230090032p:plain

ロンドンは24日の午後からバスも電車も本数が減るとは聞いてましたがなめてたよねぇ。結局家に着いたのが深夜2時…!

ウーバーは料金割増だけど普通に捕まりました。ネパール人の運転手さんが「稼ぎ時だ」って言ってた。

グーグルマップに現れるサンタクロースを追いかけ続けて誰もいない家に帰ってきました。(ハウスメイトはみんなどっか行ってた)

 

12月25日当日ももちろんバスも電車も走っていませんでしたが、車で迎えに来てもらっていつもお世話になっている方のお家でクリスマスパーティー!

イギリスっぽいクリスマスを楽しませて頂きました◎

 

 

クリスマスの必需品その1・クラッカー!

パーティーの始まりはクラッカー!イギリスのクラッカーは筒状。両端を持って引っ張るものだそうで。

2人でクロスして引っ張ったり、みんなで円になって手をクロスして引っ張ったり。

(火薬がないクラッカーに対する動詞は「引く」なのか「鳴らす」なのか…)
f:id:kozuenjoy:20181230084315j:image

中からはペーパークラウン、おもちゃ、ジョークが出現。

クラウン、写真撮り忘れちゃった。ペラペラだからすぐ頭から落ちちゃう。

おもちゃはちっこいチェス盤から分度器からミラーからいろいろ。グリコのおまけ的な?からからせんべい的な?

右側のレインボーの方は鉄琴が1音ずつ入っていました。そういうのもあるのね。

f:id:kozuenjoy:20181230092900j:image

もう全然ジョークがわかんなかったよね。解説してもらってもわかんなかった笑。

今後いくらか英語を流暢に話せるようになっても文化や当時の流行に基づくような話は完全に理解するのは難しいんだろうなぁと改めて思わされるクリスマス。

クリスマスクラッカーについての記事をいくつかぺたり。


 

クリスマスの必需品その2・ごちそう!

写真に収まりきれない量!(肉々しいショットになってしまった)
f:id:kozuenjoy:20181230084311j:image

料理するのは不得意ですが、おいしく食べるのは大得意。

ターキーがメインディッシュなのが定番のようですね。お腹には野菜やらなんやらが詰められてて、見た目より手がかかってる!

付け合せもロースト野菜。定番は芽キャベツだそうで。わたしは好きだけど子どもが嫌いな気持ちもよくわかる。ピーマンと同じような苦みですかね。

 

定番料理についての記事もよそさまからぺたり。 

 

 

クリスマスの必需品その3・デザート!

プディングとミンスパイが2大定番デザートなんですってよ。

今年はミンスパイを数回堪能したクリスマスでした。

f:id:kozuenjoy:20181230084320j:image

こちらはマークスアンドスペンサーのミンスパイ。プディングも各スーパーマーケット、デパートからもたくさん出てました。

中身はスパイス(シナモン)が効いてるみじん切りのドライフルーツ。

1個で十分すぎる重たさ。そして伊達さんでもゼロにできないカロリーでしょう…!

あったかくした方がおいしい。あと有名店の方がおいしそう。

 

プディングは挑戦できなかったので来年。もしくはスーパーで売れ残りの割引に挑戦してみようかな。こっちもドライフルーツらしいけど。どんだけ食わせるんだ…!

ごちそうもデザートも余った分を持ち帰らせてもらいました。至れり尽くせりだ!

 

こちらも詳しいことが書いてあるページをぺたり。

 

 

 

クリスマスの必需品その4・プレゼント交換!

わー!本当にツリーの下にたくさんプレゼント置いてあるー!
f:id:kozuenjoy:20181230084326j:image
とテンションあがったのは束の間。わたしってばうっかり超絶丸腰でクリスマスパーティーに参加してしまいました…!

なのにわたしの分は用意してくれていました…!あーー恥ずかしい。

ご招待してもらった時に「手ぶらで来てね」というのを間に受けてしまった。

しかもはじめましての方も、予備のプレゼントを用意してくださってて…!がぼーーん!!

いい経験になりました。誰が参加するかを確認しておくことと、予備のプレゼントを用意しておくこと。名前・性別・年齢書いてある参加者リスト欲しい…!

 

ちなみにこのクリスマスプレゼントが日本で言うところの「お年玉」や「お歳暮」になるそうで、イギリス人と結婚された方が毎年なにを渡すか考えすぎて頭痛いって言ってました。

そう思うとお年玉って合理的。その割にギフトバウチャーが普及しない謎。

ギフトレシートだって日本でも普及したらいいのにね。26日に4℃がメルカリに流れる闇を見ないで済む…

 

===================

お酒やボードゲームなんかも必需品でしょうね。

最近だとクリスマスジャンパーもかな?わたしも着ていきましたよーぃ。

このジャンパーを選んだ理由は、

・古典柄(意味わかんない面白柄より伝統がいいかなと)

・ニット(プリント次第でいくらでも派手に出来るけどやはり原点大事)

・鈴&ライト (光るのに心奪われすぎた…!)

の3点!これで£16なんだからお買い得。日本に絶対持って帰るぞ。

 

 

そんなこんなでイギリスのクリスマスパーティーにお邪魔させてもらいました◎

日本では30回クリスマスを過ごしまして、ここ数年は変わり映えのないクリスマスだったので新鮮で楽しい経験でしたとさ。

倖せでラッキーなことだなぁと改めてワーホリに来てよかったと噛みしめた次第。

 

イギリスのクリスマスは準備期間含めて、「あー日本で言うところの〇〇(お正月のなにか)ね」

ってものが多くて興味深かったです。

バイト先でクリスマスカード頂いて、ああ年賀状かと。(こっちもわたしはなんの用意もしてなかった)

 

そしてクリスマスは1月6日まで続くっていうのにもびっくり。

26日以降も街にはツリーやクリスマスライトはまだまだ余裕で居座り続けてるのもそういうことかと。

お正月も1月中旬くらいまで街は新春モードだもんね。

(そういえば大学生の頃友達がデパートのウィンドウディスプレイを変えるバイトしてて、25日の深夜は大忙しだって言ってたのを思い出しました)

 

 

ちなみにクリスマス翌日の大セールと名高い「ボクシングデー」では、結局なにも買いませんでした。

思ってたほどの人混みではなかったけど、雑然とした店内から欲しいものを見定める体力はわたしにはもうない…!

 

 

 

 

2018年イギリス・ロンドンのクリスマス関連記事はこちら。

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ★ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★